デリヘル越谷鬱夫の恋

「よく眠ってね、ハニー」人気風俗嬢はそうささやくと、寝室を後にして階段を下りはじめた。いつもの夜と同じように静まり返った家の中で、廊下に置かれた振り子時計だけがかちかちと大きな音を立てていた。人気デリヘル女は居間に入り、読むつもりで積み上げておいた本の山に日をやったが、手に取る気にはなれない。不思議とじっとしていることができなかった。椅子に落ち着いて座っていることさえできそうもない。テレビ番組ガイドをざっと眺めてみたが、すぐにいらいらと放り出した。もちろん、雑用を片づけようと思えばやることはあるのに、疲れていてやる気にならない。人気デリヘル女はデスクに近づき、吸い取り紙の上に積み上がった請求書の束をぱらぱらとめくった。精算する小切手を片っ端から書いてしまおうかしら、と考える。片づけてしまいなさいよ。人気デリヘル女はため息をひとつつき、一房のついたシルクのシェードがかかったランプを点け、革張りの椅子の背を引いた。ところで越谷に対しその椅子に座りかけたとき、玄関の呼び鈴が鳴って人気デリヘル女はぎくりとした。その音は不安をかきたてる。電話が鳴っただけでも、怖くなることもある。いい加減にしなさいよ、と人気デリヘル女は自分を叱った。この周辺では越谷にデリヘルってあるの?とかお考えですか?優れたこのサイトはいいと評判でしたよ。リアルに。しっかりしなさい。いつまでもこの調子なのだろうか。いつまでたっても、見知らぬ人間がー気づかぬ問に侵入した誰かが。立っているのではないかとびくびくしながら、自分の家の廊下を曲がるのだろうか。

最近の投稿
最近のコメント