最近の投稿
最近のコメント

    西川口人妻であれシャチ

    セサールは足をとめ、デリヘル店の風俗嬢がドアを入っていくのを観察した。デリヘル店の風俗嬢は半円形のデスクのところで立ち止まり、赤いちぢれ髪をした若い巨乳の風俗嬢性に話しかけた。赤毛の巨乳の風俗嬢性はデリヘル店の風俗嬢に何枚かの小さな紙を手渡した。デリヘル店の風俗嬢はそれに目をやりながら廊下を歩き、姿を消した。セサールは深呼吸をしてから、ドアを聞けた。赤毛の巨乳の風俗嬢性は、にっこりと笑いながら彼の顔を見た。「ご用件は?」「ちょっとうかがいたいのですが。いまいらっしゃった若い秘書のかたがいますね。人妻 西川口こそがわたしの友人にそっくりなように思うんです。もしかしてシャ1リー・ロペスという名ではないでしょうか?」「ちがいます、いまのはメアリー嬢・アリーザです。それに、秘書ではなく、弁護士です」「弁護士さんですか」セサールはいった。自噸気味に顔をしかめた。西川口についてレネはきっと、気にいらないだろうな。まったくなんてざまだ。誘拐指令ジヤツク・デリヘル店員は砂をざくぎくと踏みながら、消防自動車のほうへ歩いていった。クロームメツキのパンパーに、直径一インチのロープが四本結びつけてある。ぴんと張ったロープをたどり、崖の上に立つ三人の男に近づく。二人は分厚い黒のカンバス地のジャケットに、傷だらけのヘルメットをつけていた。もう一人は、紺のカーディガン姿で、軍隊帽のような白いキャップをかぶっていた。デリヘル店員は風俗警察バッジを示し、身分を明らかにした。「どんなぐあいです、隊長?」白い帽子の男に訊ねた。大隊長ボルカ1はデリヘル店員を崖の縁まで連れていき、下に見える岩を指さした。「死体を水から引き上けるよう、隊員二名をおろしてあります」隊長はデリヘル店員に双眼鏡を渡した。